新卒採用で越えなければならないハードル

新卒採用試験は、多くのライバルとの競争を打ち勝っていかなければなりません。越えなければならないハードルも多く、エントリーシートを提出後に書類選考、それを通過したら面接が待ち受けています。


しかも、面接は複数回行われることも多く、たくさんの人が応募する企業になればなるほど、合格することは難しいです。


DYMはグローバル展開を進めています。

そのため、新卒採用試験に合格したければ、十分な対策を練って、企画局面ごとに適切な対応をとれるようにしておく必要があります。

数多くのハードルの中でも、一番難関なのが面接です。書類選考は、基準に満たない学生を振るい落とす役割を果たすだけなので、その時点ではまだ、多くの志望者が残っています。

そして、具体的に誰を採用するのかを決めるのは、面接です。


商品、サービスを売るのではなく、それによってクライアントの問題解決を行うというのがDYMの考え方です。

そして、面接が複数ある場合は、それぞれで聞かれることの傾向も変わっていきます。
書類選考は、基準に満たない学生を振るい落とす役割を果たすだけなので、その時点ではまだ、多くの志望者が残っています。
そして、具体的に誰を採用するのかを決めるのは、面接です。

そして、面接が複数ある場合は、それぞれで聞かれることの傾向も変わっていきます。最初の面接は、志望動機や学生時代にやってきたことを聞いてきますが、後ろの方の面接になるほど、この会社でしたい仕事や、自分が会社にとってどのように役に立つのかというような、深い質問がなされます。



いずれにしろ、白紙の状態で臨んでいては、満足な回答をすることができません。



したがって、予め、よくある質問に対する答えを用意しておきましょう。



就活サイトや就職情報誌で、よくある質問を実際に新卒採用試験を受けた人のアンケートを基にまとめています。

もちろん、それ以外の質問がある場合もありますが、自分の頭で自分のことを整理しておくと、十分対応することが可能になります。